看護師は医療に関わる仕事ということもあって、憧れをもっている人も多くいます。
国家資格を取得する必要もあり、一度資格を取得してしまえば長く働けるという点で人気も高いのが現状です。
ですが医療の現場は過酷なこともあり、労働環境も一般的な企業とは異なるため悩みを抱えてしまう人も多いのです。
一旦職場で悩みを抱えてしまうと働き続けるのが困難になってしまうこともあり、看護師を続けることも考えてしまう方もいます。
ですが同じような悩みを抱えている人も多く、そのためにできることもあるのです。
そこで今回は看護師として働いている方々が抱えている悩みについて、またそれに伴って転職はしやすいのかどうかなどを紹介していきます。

看護師の悩み・その1「仕事内容が想像よりハード」

ナースステーション 看護師はどんな業務があるのか、それは働く医療現場によっても異なりますが共通点は多いとされています。
まず働く現場が外来か入院病棟かどうかによっても仕事内容は異なります。
外来では主に来院した患者への対応が主な仕事となっています。
患者から体の症状を聞いたり確認をしながら、その後医師の診察をサポートしていきます。
医師が診察で使う器具を準備したり、医師に手渡しすることから簡単な医療措置まで行います。
検査に関わる血液採取や点滴、その他の検査の補助もあります。
そのため外来に患者が訪れている間はずっと絶え間なく仕事が続くことになります。

入院患者のサポート

そして入院病棟は入院している患者のサポートや管理が主な仕事となります。
毎日朝起床時間から患者の体調を把握し、薬の管理や投薬指示、検査に伴う処置や移動、さらには食事の管理までも行うことがあります。
患者の管理を行う上では医師との連携も必要になってくるため、カルテの記入や定期的な報告義務などもありやることが常にたくさんあります。
手術をした患者がいれば術前の検査や管理、患者への説明、手術後は数時間ごとのケアと管理が求められさらに仕事の量は膨大になります。

手術関係は肉体的にも精神的にも厳しい

また外来や入院病棟の他にも、手術室での仕事もあります。
手術室で行う仕事としては、手術を行う患者の受け入れや引き渡し、体調管理などがあります。
またオペ担当となれば、手術の間は患者の容態を管理したり、医師に指示された器具を手渡したり必要な道具を準備することが求められます。
行う手術によって作業内容も変わるため、それに伴い勤務時間が左右されやすいこともあります。
他には緊急性の高い手術では慌ただしく指示を受けることもあり、肉体的にも精神的にも厳しい環境となっています。

患者への対応も容易ではない

仕事内容は働く現場によって様々ですが、共通点として患者への対応が大半になることがあります。
1人1人性格が異なるように、患者の態度や性格もそれぞれ異なります。
看護師の指示を正しく聞いて従ってくれる人もいれば、まったく聞いてくれない人もいます。
そういった患者への対応は体力も使いますし、気も使います。
あくまでも患者主体の看護が求められるため、スムーズに作業が進まないこともあるのです。
ですがやらなければならないことは変わらないため、その分ハードになってしまいます。

全体的にハードな仕事内容が多い

そして看護師は仕事内容が膨大でありながら、立ち仕事や力を使う動作が多いこともあり肉体的にもハードな職場です。
横になっている患者を移動させたり、重たい機械を移動させたりと力を使う場面が多くあります。
また患者への対応をする時は立って行いますし、医師の補助を行う際も座って行うことはほとんどありません。
座ることができるのは休憩の時と、カルテを記入する時間ぐらいしかないといわれています。
緊急時は走って移動をすることもあり、体力に自信が無ければ続けることが難しいほどなのです。

体力的にもハードなのですが、医療現場は精神的にも負担が多いのが現状です。
場合によっては患者の生死に関わることもあり、それは看護師として避けられない部分でもあります。
辛いことがあったとしても他の患者には悟られないよう平常心で業務を続ける必要があり、精神的にハードだと感じることも多いのです。
また医師とは違い医療行為をできることには限界があるため、辛い症状の患者がいたとしてもできるサポートには限界があります。
それでも患者とは向き合わなければならないため、状況によっては大変過酷な現場になります。

どんなに仕事内容がハードであったとしても、限られた人員で作業をこなすことが看護師には求められます。
また病気になったりケガをする人は予測ができないので、その日や時間によって患者が増えたりすることもあり、制限できない時は患者がいる間はずっと仕事が続くことになります。
患者のお世話だけではない業務もあり、仕事内容は想像よりも大変ハードだという悩みが多いのです。

看護師の悩み・その2「夜勤が過酷」

夜勤対応する看護師 医療現場は24時間休みがない職場も多く、そういった現場では看護師が夜勤を担当することもあります。
特に入院病棟で勤務していると夜勤は必ずといっていいほど担当しなければいけないのです。
そのため入院病棟では勤務時間にシフト制が取り入れられていることが多く、大きくは日勤と夜勤でシフトを作成します。
夜勤の翌日は休みになることが多いですが、翌日も再度夜勤となるケースもあります。
夜勤の頻度は日勤と比較しても多くはありませんが、若くて体力のある年代は回数が多くなることもあります。
そうなるとプライベートにも影響することがあり、働き続けることが苦痛になってしまうケースも多いのです。

夜勤は患者が寝ている時間が長いため、担当になる看護師の人数が日勤と比較して少なくなっています。
病棟ごとに数人で担当することも多く、限られたメンバーで仕事をこなさなければなりません。
シフト制では一緒に働くメンバーを選べないこともあり、気の合わないメンバーと夜勤を担当することになると精神的にも負担が大きいという問題もあります。
看護師は女性が多い職場でもあるので、気の合わないメンバーも出てきてしまいます。
仕事をする上では本来そういった部分を持ち込んではいけないのですが、我慢することや気分を害することがあればあるほど負担は大きくなります。
仕事を行う上でも看護師同士の意思疎通が頻繁に行われるため、スムーズな意思疎通がはかれないとなると仕事の効率も悪くなってしまいます。
夜間は静かな環境で仕事をするため、仕事が少ない時はコミュニケーションで悩みを感じることもあります。

少人数が基本の夜勤

そして夜勤時は少ないメンバーで仕事をすることになりますが、患者の容体が急変することもあります。
夜間は患者は急変しても気づかないことがないよう、時間ごとに見回りを行います。
様子がおかしい患者やいればその都度対応をして、医師の判断を仰ぎます。
医師がすぐに処置ができるよう準備をしたり、できる範囲で看護師が処置を行うこともあります。
また患者自身が体調の変化に気づいてナースコールを鳴らすこともあり、その場合はその都度対応は求められます。
看護師は交代で休憩や仮眠を取ることもありますが、急変した患者がいた場合はその対応と日常業務の双方が求められるためとても忙しくなります。
メンバーが少ないためにずっと忙しく働くこともあり、過酷だと感じることも多いそうです。

日勤の人と交代する時は人員が少なくなるため、看護師数名で担当していた患者を一人で担当することになります。
その際、日中の患者の様子や体調の変化などを引き継ぐことになります。
引き継ぎの際には日勤と夜勤双方の看護師が集まって行いますが、限られた時間のため優先的なことだけ伝言されることも多々あります。
そのため患者の情報を知るためにも日勤の担当者が記入したカルテを確認する作業もあります。
患者の急な体調変化にも対応できるようにするため、短時間で担当する患者の容体を知る必要があります。
また場合によっては他の患者のカルテも確認し、どんな状況にも対応できるように準備することもあります。

生活リズムの崩れ

夜勤は夕方から翌日の朝まで働くのが一般的ですが、日勤の時はこの時間に睡眠をとっていることになります。
そのため体が生活リズムが頻繁に変わることに対応できないことも多々あります。
また病院は風邪などウイルスが常にある状態のため、万全な体調管理が求められます。
夜間に睡眠をとれなかったら翌日の昼間に寝ればいいと思うかもしれませんが、昼間に質の良い睡眠をとるのはとても難しいのです。
体は自然と生活リズムを一定に保とうとするため、昼間は寝られないことが多いからです。
体が疲れているため眠ることはできても、疲れが取れにくかったりすっきりしないということもあります。
そういった状態でも仕事をしなければならないため、肉体的負担は相当であると考えられます。

看護師の悩み・その3「同僚の退職ラッシュ」

辞表 最近では男性の看護師も増えてきてはいますが、やはり女性の多い職場であることは昔も今も変わりません。
女性の多い職場であると、同僚が結婚や出産で現場を離れてしまうケースも多くなります。
結婚しても子供がいても続けることができる職業でもあるのですが、夜勤がある職場などでは続けるのが難しいこともあります。
それは結婚相手と生活リズムが合わなくなってしまったり、妊娠・出産によって子供中心の生活リズムが求められるからです。
結婚相手が朝に出勤して夜に帰宅する人だと、夜勤の日は会えないことになってしまいます。
また出産すると子供の世話で家庭が忙しくなるため、仕事を続けることが難しい女性も多いのです。
そのため仕事を辞めるという選択になってしまいます。

また同僚の退職ラッシュが起きる場合もあります。
きっかけは人によって様々ではありますが、若い年齢の多い職場であれば結婚や出産のタイミングが重なることも多いのです。
そうなると同僚が同時期に退職するため、退職ラッシュとなり現場に残る人の負担が大きくなってしまいます。
すると今度は現場に残った看護師がもっと待遇のいい現場を求めて、転職を考えることもありそうなればますます退職ラッシュが進んでいきます。
同僚がどんどん転職していくとそこに続こうと思う人も出てくるため、一度退職ラッシュが起きた病院はしばらくそういった状態が続くこともあります。

退職ラッシュに乗って転職しよう

同僚の退職ラッシュが起きた時は、同様に転職を検討することも必要です。
なぜ退職ラッシュが起きたのかを考えれば転職の必要性が理解できるようになります。
まず職場の環境が過酷であること、これは医療の現場ではしょうがないことですが、病院によって看護師の待遇や働く環境は異なります。
そのため今よりも環境の良い病院に転職することで問題が解決できることもあるのです。
そして夜勤の過酷さも入院患者がいる病院では避けて通れないことではありますが、看護師の数が多い病院であればその分夜勤を担当する回数が減ります。
また夜勤担当の人数が多ければ多いほど仕事の負担も少なくなって、質の高い看護を行うことができるようになります。
肉体的にも精神的にも負担が少なくなるため、転職でそういった病院を探すこともできるのです。

生活リズムが乱れることが問題となっている場合は、日勤のみの病院に転職することもできます。
外来のみの病院であったり、美容外科などは夜勤があることは少ないためそういった病院に限って転職するのも一つの方法なのです。
または入院病棟がある病院であっても、シフトを3交代・4交代にしている病院もあります。
これは夜勤担当も途中で交代するようにしているので、その分勤務時間が短くなり負担が少ないのです。
交代が頻繁に行われるのでその分働く看護師の数も多く、シフトに自分の希望を反映させることもしやすくなります。
そうなると働きやすさもアップするので、続けやすくなるメリットもあります。

同僚の退職ラッシュは働いている病院の待遇や働く環境に問題があることも考えられます。
病院側が働く看護師のことを考えていれば、待遇や環境は整備されていることが考えられます。
ですがそれが整備されていないということは、この先も続けていても改善されない可能性が高いのです。
またこの先結婚や出産を考えている場合は、そういった生活の変化があっても働き続けることができる職場を今のうちから探しておくことも大切です。
そうすることで長く同じ職場で働くことができるようになるからです。

転職を検討している時はできるだけ多くの職場の現状や待遇を知ることも大切です。
そのためには自分が働くうえで重要視している部分を確認することや、求める待遇などを分析することが求められます。
転職で全ての問題を解決することは難しいかもしれませんが、少しでも状況が改善できれば看護師として働き続けることができるようになります。

あわせて読みたい記事