看護師の離職率は昔より下がった

看護師の仕事というのはとても大変ですし、現場の仕事に追われてゆっくりと患者さんの対応をすることができないようなことも多いので、資格を取得してなる人も多いですが、同時に辞める人も多いということでとても離職率の高い仕事であることもあるものです。

ですが離職率も昔に比べれば減ってきましたし、長く続けている人も多くなってきているものです。
それは過重労働にならないように役割分担を多くしたり、シフト性にすることで過重労働を少しでも減らそうとする試みが多くされるようになったから、ということもあるでしょう。

また、同じ看護師として仕事に就くにも、どういった施設、現場で働くかによって仕事内容というのは大きく異なってくるものです。
入院病棟があるような病院であれば深夜の夜勤などもありますが、夜勤がないようなクリニックであれば、備品整理など本来は事務員が行うような仕事も看護師が行わなければいけないというようなこともあるものです。

ですからそれぞれ自分にあう職場につく人が多くなったというのも離職率の低下につながっているでしょう。
離職率の低下は、働く病院が大きいほうが良いのか、小さいほうが良いのかは個人の性格にもよりますから、そういった性格的に考えてどちらが良いかを選んで続けやすくしている人が多くなったということもあります。
また、労働のわりに低賃金であったり、休みが少ないなどの問題の改善も昔比べてされているので、それが続けやすさにつながっているということもあるでしょう。

また、入院病棟のある施設であれば休みも入院している患者さんの対応やお世話などがありますから、シフト性にしないと自分だけみんなが休みの時にも働いていなければいけないという不満にもつながってしまうものです。
シフト性にすることで他の人と遊びにいくような予定も立てやすいので、そうした少しの不満も徐々に改善していくことでこれからもどんどん離職率を減らすことができるものです。

女性ならではの出産や結婚を機に辞める人が多い

また、昔は結婚したらそのまま仕事を続けるような人よりも辞めてしまうような人のほうが多かったので、離職率も多かったですが、今の時代男性も女性も結婚しても仕事を続ける人がほとんどなので、そうした時代の背景も離職率の低下につながっているでしょう。

ですが、肉体労働が多い看護師は今でも結婚後はしんどいことで続けられないようなこともあるので、そういった時は多少低賃金だと感じるようでも負担の少ない昼間労働のみのところや、看護よりも介護に近いことをしている施設を選んでみると良いです。

医学は日に日に進歩しているので、看護の仕事を長くしていこうとするとどうしても自分も学び続けなければいけないというプレッシャーもあるものです。
ですが介護であれば同じ作業の繰り返しであることも多いですし、新しい医学の知識をもつために勉強し続けなければいけないというようなこともないでしょう。

女性ならではの出産や結婚による離職をする人というのはいますが、昔に比べて活かしながら別の環境で働き続ける人というのも増えてきているものです。
いったん仕事をやめてしまってブランクがあると、例え資格があったとしても働く意欲が失われてしまうようなことも多いです。

ですから同じように働かなくても、忘れないように別の環境で働き続けるということはとても大事なことでもあります。
また、家事、育児、仕事となるととてもストレスが溜まってしまうようなことも多いですから、旅行の予定などを入れてうまく自分のバランスを取っているというのも現代の女性の働き方の上手なところでもあります。
旅行に行くことで気分転換にもなりますし、うまくストレス解消をすることもできるものです。