看護師から医療事務へ転職することは可能?

看護師と医療事務はどちらも役割や立場は違えど、同じ医療の現場で活躍するクリニックには必要不可欠な人材であるといえます。
どちらもやりがいも責任もある仕事には変わりないですが、それぞれの仕事にはその仕事ならではの特徴や、勤務する上でのメリットおよびデメリットはもちろんあります。
様々な理由から転職を考える人も少なくないのが現状です。

看護師から医療事務への転職も、看護師として夜勤や日々の不規則な勤務シフトに沿って働くことが困難になってしまったり、結婚や出産をといったライフスタイルの変化を機に働き方を変えようと決心したりする場合に多くみられる考え方であり、何もおかしくはありませんし、転職することは可能です。

転職する人のなかには看護師としては働くことが難しくても、立場が変わっても医療に携わる仕事に就きたいと思っている方も多く、現場で培った経験と知識も生かして働くことができるため、医療事務は人気の職種です。

医療事務の仕事自体も様々なクリニックや病院、薬局で需要が高まってきており、雇用形態や勤務条件も様々なので、自分に合った職場を見つけやすいのもメリットであるといえます。

看護師から医療事務になることで、子育てや家事とも無理なく仕事を両立させることができるようになったり、事前に予定が分かれば短時間の勤務や希望休をシフト申請することが可能になるので仕事面での負担も軽減されて働きやすくなることが最大のメリットとしてあげられます。

しかしその反面で、看護師時代の時と比べると体力や精神的な負担は減り楽になりますがもちろん事務仕事なので収入も減ることが十分に考えられます。
また座り仕事がメインなので人によっては物足りなさを感じることもあるでしょうが、それらの点に重きを置かないのであれば勤務時間に融通が利き、家事や子育てとの両立ができるメリットの方が多い仕事として医療事務への転職はかなり良いといえます。

転職の際にも看護師としての知識や今までの現場での経験や患者対応などのスキルは何よりも評価されて就職しやすくなります。
勤務時間や雇用形態などに要望がある場合には事前にしっかりとその希望を明確にして、職場に伝えられるように準備をしておくと活動もスムーズになります。
看護師勤務時代に医療事務のスタッフとかかわる機会があるのであれば仕事内容や働きやすさといった情報を集めておくことも望ましいです。

看護師から医療事務になるには資格は必要?

看護師から医療事務になるにあたって特に必要な資格や定められている経験や必須の就業条件などは特にありません。
看護師経験があるというだけでもかなりのアピールポイントになるのも事実です。

しかし看護師時代にはあまりなかったデスクワークとパソコンでのデータ入力作業がメインの仕事になりますので、最低限のパソコンスキルやタイピング、可能であればワードやエクセルなども使いこなせるとより良いため、不安であればそのようなパソコンスキルの資格を勉強して取得してみるのも良いといえます。

また医療事務の資格に関してはいくつかの自治体や企業から民間資格として取得できるものが出ており、通学以外に通信教育でも取得ができるものがあるため、医療事務の仕事内容やカルテやレセプトに関する情報および点数などの細かい知識などをざっくりと転職前に予習しておきたいのであればこれらの資格の取得もおすすめです。

転職前にこれらの資格を積極的に学んで取得しているという事実は、転職活動時にこれから医療事務として働きたいという強い意志ややる気の証明にもなります。

しかし資格はあくまでアピールポイントと採用時の評価につながる手段として取得しておくことが望ましいというところで、本来何よりも大切にしなければならないのは医療事務として働き始めてからの学ぶ姿勢や新しいことを始めるにあたっての柔軟な対応です。
元看護師だからといって医療事務が楽という意識や、自分の方が経験や知識があるからといって学ぶ姿勢がみられないのは最もあってはいけないことです。

医療事務としての仕事に関しては新人です。
初心を忘れず、チームワークを大切にして責任をもって業務に取り組むこと、必要であれば看護師時代の経験や知識も惜しみなく提供する気持ちを大切にしていくことが重要です。