新人看護師の給料は平均どれくらい?

新人の看護師 新人看護師の給料は地域や業務の経験などによって異なるが、新人として働いた人の中で半数を超える看護師が月収で10万円から20万円程度の報酬を貰っています。
新人として働くと18万円程度の報酬が平均的な額ですが、働いている場所などの条件で見合わない労働になると考えるスタッフが多いです。

深夜の勤務などに入ると付加的な手当が付くので、個人的な給料の平均は上がる傾向です。
残業などで他の業種に比較して大変さが特徴な仕事ですが、業務の経験を積むと仕事の大変さに関係なく報酬が上がるシステムを取り入れる病院が多いので、年功の序列の影響で見合う報酬を貰える可能性が上がります。
病院によっては能率給が設定されているので、能率給を考慮すると今後の平均的な給料は上がる見込みです。

深夜の勤務がある所でも基本給が安く設定されているが、全国の病院で働き方を改革する事に力を入れているので、全国の看護師の平均的な給料は上がっている傾向です。
スキルの向上によって労働に見合わないと考える新人の看護師は年々減少していて、仕事の技能が上がる事で早期にベテランの看護師として成り上がったり、大きな病院に異動する事で急速な報酬のアップに繋がる事に魅力を感じる看護師が多いです。

働いている人の中には手取りで10万円未満の報酬しか貰っていない場合もあって、病院の経営の状態によって報酬が変わる事を認知しながら働く場所を決める事を心掛けます。
大変さの見返りとして報酬を高く設定している病院も多いので、残業の時間が長くなるほど報酬が上がる傾向です。

新人として働く時には体力的な面を考慮すると、残業や夜勤の時間が長くなれば平均の給料が上昇する事に魅力を感じる人がいます。
研修の時は見習いの期間として報酬が少なく設定している病院が多いので、面接などで研修の期間に貰える給料の額を聞いたり、様々な媒体で新人の看護師が貰っている報酬の情報を知りながら出来るだけ待遇が良い病院を選ぶ応募者が増えています。

ベテラン看護師でも給与は安い

ベテランの看護師を含めると全国で26万円程度の給料が平均ですが、看護のサービスに長期間従事している人でも20万円を切る月収を貰っている看護師が存在します。
能率や勤務の時間によっては報酬が上がらない事に悩んだり、現状の給料に関して見合わないと判断して他の病院に転勤して納得した給料を貰っているベテランのスタッフも存在します。

給料が安いかどうかは個人の考えによって決まる事が多くて、30万円程度の報酬を貰っていても労働の忙しさを考慮すれば見合わないと感じる人も多いです。
大学病院や国立病院は手取りが少なく設定されている傾向で、年功序列を意識した報酬の体制を整えている病院が多いので、民間の病院から国公立の病院に転勤されているベテランのスタッフが増えています。

国公立の病院に転勤すれば手取りが少なくなってボーナスが増える傾向ですが、病院の規模や勤務の時間などの条件によっては給与が前に勤めていた病院よりも安くなる事があります。
最近は年功序列や勤務の年数を重視しないで、労働の時間や業務の大変さに応じて給料の額を決める病院が多いので、日勤を中心に働くスタッフや能力が低いスタッフはベテランでも必然的に給料が安くなる事を意識する必要があります。
業務の能率や働く場所によって、大きく報酬が変動する時代になっています。

1ヶ月の勤務時間を合計して勤務の状態に見合わない場合に他の病院に異動しながら働いたり、資格を取得して何とか報酬の総額を上げる事に努力する看護師が多いです。
患者の為に一生懸命にサービスを提供しても給料が安い事に悩む看護師が多い中で、労働の大変さを味わいながら将来的な見返りや仕事のやりがいを通じて頑張っている職員がいます。