医療事務の仕事内容とは

医療事務とは医療に携わる情報の処理に特化した事務職のことであり、大学病院から地方のクリニック、さらには薬局など多くの場所で働くことのできる職種です。

医療事務の主な仕事内容はカルテ管理業務とレセプト作成業務の2つがあげられます。
カルテ管理業務とは勤務している医療機関内における患者情報や診察情報がまとめられているカルテの仕分けや回収、運搬などを担当するもので、当日医師が目を通す患者さんのカルテをあらかじめまとめておいたり、必要に応じて片づけたりなど診察をスムーズにするために必要な業務です。
また内容に不備がないかを確認する役割も担うことになります。

レセプト作成業務とは、一か月おきに診療報酬明細書をまとめて国に医療費や保険料の申請を行う業務であり、数字や内容のミスは許されない細かいデータ処理の業務になります。
患者さんのもつ保険証の情報と支払われている医療費が合っているかや、診療報酬の点数などに間違いがないかを一つ一つ確認していくため時間がかかることもあります。

他にも医療事務ならではの仕事というわけではありませんが、事務業務と並行して受付業務や会計業務、さらには窓口および電話での問い合わせ対応も医療事務スタッフが担当しているところも職場によってはあります。
受付では患者さんの案内や清潔な環境を維持するための清掃なども手が空いていれば率先して行うと喜ばれるでしょう。

さらに医療事務は医療関係者でありながら、医者や看護師ではなく事務という立ち位置なので患者さんと同じ目線で対応できる存在であることも特徴です。
患者さんのなかにはドクターを目の前にすると言いづらいことも、受付などで医療事務スタッフには心置きなく相談できたり、些細な日常会話で盛り上がったりすることがよくあります。

患者さんとドクターをつなぐ架け橋としての存在としても医療事務は大切な存在です。
会計や精算スキルや事務処理能力はもちろんですが、コミュニケーション能力も仕事をするうえではかなり重要になってきます。
医療事務の仕事の特性をよく理解してやりがいをもって働くことが望ましいです。

医療事務は主婦でも勉強すればなれるのか

医療事務に年齢制限や必ず所持しなければいけない資格や経験などは特にありません。
民間資格や通信教育で取得することができる医療事務資格は存在しますが、就職するにあたって必須ではないので、事前に勉強しておきたい場合や、未経験でもやる気をアピールするため一つの手段として取得しておくに越したことはありませんが、持っていなくても働くことができます。

主婦の方でも医療事務として活躍している方はたくさんいますし、主婦になってから医療事務になったという方ももちろん存在します。

医療事務の仕事が主婦層にも人気の高い理由としてはその働きやすさにあります。
医療事務は雇用形態や職場が豊富にあるために自分のライフスタイルに合わせて無理なく勤務することが可能であり、パート採用も多くあります。

また事務スタッフなので基本的にはデスクワークであり、常に何人かの医療事務がシフト制で勤務しているために急な欠勤や早退にも柔軟に対応してくれる点や、午前と午後の間に休診時間のあるクリニックであれば午前だけの勤務も選ぶことができるといった働きやすさが大きな魅力です。

医療の現場の専門用語やレセプトやカルテにおける保険や点数の情報の見方や知識などは未経験だとはじめのうちは慣れずに苦戦するかもしれませんが、熱心にメモをとり、マニュアルや教本などで勉強をすることであとはやっている内に覚えられますので、学ぼうという意欲とやる気さえあれば主婦でも医療事務にはもちろんなれます。

さらに主婦ならではの気配りや些細な変化に気づく能力、コミュニケーション能力や子どもや高齢者への対応スキルなどは主婦をしている時には気付かないかもしれないですが、社会に出て働くことにあたって他の人がもっていないとても重要な能力です。
家事で培ったこまめな整理整頓や掃除の習慣もクリニックの清潔度をあげるにあたっては大きく貢献できるでしょう。

医療事務としての経験を積むためにも、自身のスキルや興味を生かして楽しく働ける職場をみつけると良いでしょう。